水道水について

飲料水や料理には、ミネラルウォーターを使うという方が増え、ウォーターサーバーを設置する家庭も増えてきており、都市部を中心に50万世帯以上とも言われていますが、普及率としてはまだまだです数パーセントと言ったところです。一方、浄水器の普及率は約4割と言われており、水道水を浄水して使っている方が多いようです。
この水道水ですが、日本の水道水は世界的に見ても安全性が高いと言われています。地域などによって取水方法が異なったり、取水した水の汚れ度合がことなりますが、浄水技術が進化しており、高度浄水処理施設の導入も進んでいます。また、水道法によって水質、設備等についても規定されていますので、日本の水道水は安全と言ってよいでしょう。
ただし、水道水には、浄水の過程で消毒に使われる塩素が残留しています。この残留塩素は、水道管の中で雑菌が繁殖することを防ぐメリットもあり、人体には影響が少ないと言われていますが、独特のカルキ臭がきになる場合も多いで、浄水器などの利用も多くなっています。
日本の水は硬水と言われるミネラル分の比較的少ない水で、味という点では適度にミネラル分があった方がおいしく感じるようです。逆にミネラル分が多すぎると体に悪い場合もあります。この様に、飲料水を考える場合は、成分としての安全性と味覚面での2つの視点で考える必要があるようです。