海外のウォーターサーバー

ウォーターサーバーは、海外での普及率が高く欧米では日本の10倍程度の普及率と言われています。また、最近では原発事故などの影響もあって、海外からのウォーターサーバーも多くなっているようです。
海外でのウォーターサーバーの普及は、元々水道水が安心して飲めないという環境に起因するもので、安心して飲める日本の水道事情の中でのウォーターサーバーとは少し、利用者の要求も異なるのではないでしょうか。従って、海外のウォーターサーバーをそのまま持ってきても必ずしも日本人の口に合うわけではないでしょう。
日本で評価の高い海外ウォーターの代表的なものが、ハワイから輸入されているものです。ハワイは太平洋の真ん中にあり、世界で最も環境汚染が少ないと言われており、良質な水源として知られています。そのハワイの水源の水をさらに濾過して不純物を除去したピュアウォーターが特徴で、まったく癖が無く、アメリカ国内でも人気の高いブランドのようです。
また、不純物が含まれないことで雑菌の繁殖が抑えられる他、ウォーターサーバー内も不純物で汚れることがないためメンテナスも非常に楽なのが特徴です。特に赤ちゃんのいる家庭でのミルク用の水として使うと、ミルクの溶けが非常によくその違いがわかると思います。