ウォーターサーバーの水は本当に安全?

日本は、世界の中でも水道の安全性の高い国と言えますが、ミネラルウォーターの急速な普及や、ウォーターサーバーの普及など、より安全な水を求める傾向があります。ミネラルウォーターなどは、水道水に比べると、残留塩素によるカルキ臭もなく、味もおいしので水を買って飲むという習慣が根づいたようです。
よく、水道水に含まれるトリハロメタンなどの微量な有害物質を気にされる傾向がありますが、実際には水道水を飲むことで摂取するこれらの微量な有害物質の人体への影響はほとんどないのが実態ですし、水道法によって水質や浄水設備が定められています。
本当にウォーターサーバーの水は安全なのでしょうか。ウォーターサーバーの水で安全性の注意が必要なのが、製造工程とボトルの清浄性、そして、家庭の設置後の管理となります。製造工程は、クリーンルームと呼ばれる衛生管理された環境で製造されていれば、安全と言えるでしょう。また、ボトルは、リターナルボトルを採用しているケースがあり、同じボトルを回収して消毒殺菌して再利用されますので、その安全性についてはやや問題があると言えます。
そこで、最近では、使い捨てタイプのワンウェイ方式を採用するメーカーも増えているようです。このワンウェイ方式のボトルは、設置後に水の使用に応じてボトルがしぼんでいくため、内部に空気が入らず雑菌などの繁殖を抑えることができますので、設置後の安全性も保たれる一石二鳥と言えます。